とびひの時にお風呂に入るとうつる?いつからならOK?洗い方や石鹸は?

とびひは、春から夏にかけて多く発生する、
子供の皮膚感染症です。
とびひは発症した部分から、さらに感染が広がる
ため、注意が必要です。

特に、お子さんが保育園や幼稚園などに通っている
となると、お母さんであるあなたも自分の子供が
とびひにかかっていないか(;´・o・`)ンー・・・、と
心配になりますね。

そして、汗をよくかく時期ですので、とびひに
かかった場合、入浴しても大丈夫なの?と
気になります。

そんなあなたの、疑問であるとびひにかかた時の
入浴や石鹸、洗い方などについて紹介します。

 

 

とびひの時にお風呂に入るとうつる?

おこさんがとびひになった時は、他の人と一緒に
お風呂に入るのはNGです❢

とびひに感染している、お子さんと一緒に
入浴すると、お子さんの皮膚と触れ合ってしまう
と、とびひが感染してしまう恐れがあります。

そのため、お風呂に入る場合は、お子さんのみ
単体でに入浴するようにします。

 

とびひは感染しやすいので、とびひにかかって
いる、お子さんが使ったタオルやバスタオルなど、
肌に直接触れるものは、分けて使うことが、
感染を広げないためにも大切なポイントです。

とびひは、感染力が強い皮膚病ですので、
とびひになったお子さんが、使ったタオルや
シーツなどにも、細菌がついています。

そのため、とびひに感染したひとが使った
タオルや、シーツ類などを、家族のひとが
触れるてしまうと感染してしまいます。

とびひは、細菌がついてしまっている
おもちゃや、公園などの遊び道具を
触ってしまっても、感染ってしまう可能性が
あります。

そのため、飛び火に感染していない、他の家族に
うつしてしまわないように、注意しましょう。

▲目次に戻る

 

とびひの時にお風呂に入るのはいつからならOK?

とびひになったときに、お風呂はできるだけ
入れてあげてください。

お母さんであるあなたが、お子さんがとびひに
かっかってしまった時に、「いつからお風呂に
入らせればいいかしら?」と悩んでしまうと思います。

とびひは、春や夏などお子さんが汗をかく時期に、
発症しやすい感染症のため、とびひにかかって
いても、入浴は問題ないんです。

お風呂に入るということは、皮膚を清潔に保つ
という意味では、とびひになってしまったの時
に入浴は欠かすことが、できないんです。

とびひの時は、湯船につかるよりかは、
シャワーで済ませるようにします。

 

お子さんが、汗をかいたままの状態で皮膚を
不潔にしておくと、かゆみがひどくなったり、
飛び火の症状が悪化してしまう可能性があります。

 

スポンサードリンク

 

ただし、お子さんが発熱していたり、のどの痛み
など、全身症状がある場合は、入浴は避けるように
してください。

 

とびひにかかっていても、患部など皮膚を清潔に
保つ必要があります。

このことから、飛び火になっていても発熱やのどの痛み
がなければ、なるべく入浴するようにします。

しかし、とびひにかかっている時は、入浴よりも
シャワーなどで洗い流す方が、ベストです。

患部や皮膚を、石鹸を使って優しく洗い、最後に
シャワーで石鹸が残らないように、きれいに
洗い流してあげましょう。

 

またどうしても、お子さんを湯船につからせたいと
言う場合は、一番最初に入浴をさせてしまうと
後から入る他の家族に感染させてしまいます。

そのため、入浴させるなら一番最後に入らせる
ようにします。

入浴した後は、シャワーを最後にあびて皮膚を
清潔にします。

そして、残り湯は流してしまい、浴槽は
きれいに洗うようにして下さい。

タオルやバスタオルは、個別のもの用意して、
体を洗うスポンジや、風呂場で使用するイスなど
は、使わないようにします。

これは、他の家族がとびひに感染してしまわない
ようにするためには、必ず気をつけるように
してください。

こういったことからも、おこさんがとびひに
かかっている間は、シャワーですませるように
したほうが家族に感染が広がらないために
いいんです。

お母さんであるあなたの負担が、シャワー
でしたら入浴するよりも、グンと軽く
なりますから^^

▲目次に戻る

 

とびひの時にお風呂に入った時の洗い方や石鹸は?

とびひの時にお風呂に入った時の洗い方洗い方のポイント❢

とびひの時にお風呂に入った時の洗い方のポイント

✔石鹸は、殺菌効果が高く低刺激のものを使う

とびひの時に使う石鹸は、殺菌効果の高いもの
が、効果的です。

しかし、炎症がひどい場合は、低刺激の石鹸を
使うようにしましょう。

▲目次に戻る

 

✔石鹸は、よく泡立てて使う

石鹸を使うときですが、良く泡立てて泡で
優しく洗うようにします。

石鹸をよく泡立てるために、100円ショップなどで
購入できる泡立てネットを使うと、簡単に石鹸を
よく泡立てることができます。

洗う時は、皮膚をこすったり、ゴシゴシ刺激を
与えることはやめましょう。
刺激を与えた洗い方をすると、とびひが悪化して
しまいます。

よく泡立てた、石鹸の泡をお子さんの肌にのせて
お母さんが、なでてあげるようにして洗えば
OKです。

▲目次に戻る

 

✔石鹸が残らないように、すすぎをしっかりとする

石鹸で洗ったあとは、シャワーで石鹸の泡が
残らないように、シッカリとすすぎを行います。

この時に、ぬるめのシャワーをつかって弱い水流
ですすいであげてください。

熱いお湯ですすいでしまうと、とびひの傷口に
しみてしまうことがあるので、ぬるめのお湯で
すすいであげないと、お子さんが痛い思いをして
しまいます。

水流も、同じような意味があります。
強い水圧を、かけてしまうと痛みがでてしまう
可能性があるからなんです^^;

▲目次に戻る

 

✔とびひの部分を拭くタオルと、そうでない部分のタオルを分ける

お風呂から上がった後に、とびひの部分を
一番最初に、清潔なタオルで押さえるように
して拭いてあげてください。

とびひの部分を拭いた、タオルはそのまま
洗濯するようにして、とびひになっていない
部分はもう一枚、清潔なタオルで拭くように
してください。

先ほど紹介したように、とびひの細菌がついた
状態のタオルを使って、他の部分を拭いてしまうと
感染している部分を、広げてしまうことになります。

必ず、とびひを拭くたおると、とびひになって
いない部分を拭くタオルは、別々にしてください。

中には、とびひの部分はティッシュで拭いている、
というお母さんもいます。

▲目次に戻る

 

✔爪を短く切っておく

入浴後は、お子さんの爪を短く切るように
しましょう。

爪には細菌が多く繁殖していたり、お子さんが
患部を引っ掻いてしまった時に、爪の細菌が
とびひを悪化させてしまうことがあるので、
入浴した後に、爪を切るようにしてください。

爪切りを、使うほど伸びていないという時は、
爪やすりを使って、お子さんがとびひの部分を
かいても傷がつかないように、削っておくと
いいですよ^^


ネイルケア 2wayウォッシャブルエメリーボード5個入り

とびひは、皮膚に発症する細菌感染症のため
皮膚を、清潔に保つことが重要なポイントです。

お子さんが、汗をかいたまま放置してしまったり、
ほこりなどが、ついたままの状態にしておくと、
とびひの症状が悪化したり、回復が遅れてしまう
原因になります。

そのため、とびひのときでも入浴はできるだけ
するようにしてください。

 

飛び火になった時に、使う石鹸の種類は、
できれば無添加物の石鹸がBESTです。

また、低刺激で保湿力のある石鹸を使うと
飛び火の部分が、かゆくなることが少なく
なるので、おこさんがかいてしまって
とびひが、ひどくなってしまうこともありません。

▲目次に戻る

 

どのような石鹸がおすすめ?

先程、とびひのときに使う石鹸は殺菌作用が
高いものまたは、低刺激のものが良いと紹介
しました。

そこで、どのような石鹸がいいのか参考までに
紹介します。

❏ラシンシアATPデリケアソープ

❏アイボリーソープアロエ

❏パックスベビーソープ

❏ラシンシアATPデリケアソープ


ラシンシア 薬用ATPデリケアソープ 100g【ポイント最大37倍】

敏感肌用に作られた石鹸で、体の他に顔にも
使うことができます。
顔にできた、とびひにも使うことができます。

▲目次に戻る

 

❏アイボリーソープアロエ


IVORY (アイボリー) ソープ アロエ 4個バンドル

天然由来で純度99.44%の高い低刺激の石鹸です。

きめの細かい泡で、優しく洗うことができます。
保湿もしっかしできるので、肌トラブルを
抱えているお子さんでも、安心して使えます。

▲目次に戻る

 

❏パックスベビーソープ


パックスベビー ソープ 100g[太陽油脂 パックスベビー ベビー石鹸]

植物由来で、赤ちゃん用の石鹸です。
低刺激で優しく洗うことができ、しっとりとした
洗い上がりになります。

ここで紹介した、石鹸はとびひが治まったあとでも
使うことが、できるのでオススメですよ^^

▲目次に戻る

 

ま と め

とびひのある皮膚に接触しただけでも、うつって
しまうほど、とび火は感染力が強いので、
お子さんがとびひにかかっている時は、タオルや
バスタオルなどは、別にするようにしましょう。

しかし、とびひになってしまったからと言って
お風呂に入らないのは、NGです❢

できるだけ、オフロに入って皮膚を清潔にする
ことが、回復の早道でもあります。

お風呂は、入浴させるよりもシャワーで済ませる
ようにしたほうが、お母さんであるあなたの負担が
軽くなります。

シャワーを浴びたて、とびひの部分を優しく洗った
後、医師から処方された軟膏を、塗って回復を
早めてあげて下さいね。

▲目次に戻る

 

    RETURN TOP

    ちょっとそこのあなた!日焼け止め対策してる?今年の夏はやばいわよ

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫