熱中症を予防する水分補給の取り方は?タイミングは?量は?

熱中症を予防する水分補給の取り方は?タイミングは?量は?

うんざりするような暑い夏、熱中症が
心配な季節でもありますね。

子供は遊びはじめると、水を飲むのも忘れて
(水を飲むのも面倒くさいほど?)
遊びに夢中になってしまうので、気が付いたら
熱中症に❢なんてことになりかねません。

そうならないよう、熱中症予防のための、
水分補給の取り方対策を、紹介したいと
思います。

 

 

熱中症を予防する水分補給の取り方は?

熱中症にならないための水分の取り方
水分補給で大切なのは、のどが渇く前から
こまめに摂取することです。

実は、【のどが渇いた】と感じた時には、
すでにかなり脱水状態になっています。
ですので本当は、のどが渇いてから水分を
取るのでは遅いんです。

人は、1日約2.5L分の水分が、体の中から
失われます。
(尿で約1,500ml、汗や呼吸で約900ml、
便で約100ml)。

夏場は汗をかく分、他の季節以上に意識して
水分を、とることを心がける必要があります。

 

熱中症にならないために、気をつけて
おきたいのは、水分の取り方です。
単純に水を飲めばよい、というものでは
ありません。

「いつ」「何を」「どれくらい」飲めばよいか、
というのがポイントになってきます。

うっかりやってしまいがちだけれど、実はNGなことは・・・

熱中症の水分補給でやってはいけないこと

などがあります。知らず知らずのうちに、
ついやっていませんか?

 

実は、よくわかっていない熱中症とは?

人が長い時間、非常に気温の高い環境にいると、
体温調節の機能が、乱れてしまうことがあります。

すると、体の中に熱がこもったり、急激に
汗をかくことで、体内の水分や塩分が奪われて
しまったりするのです。

これが全身に影響し、ひどくなると、

・めまい

・けいれん

・頭痛

・吐き気

など、多くの症状を
あらわすことがあります。

 

そう、これが熱中症です。
年々、高温の日が多くなってきて、さらに気温が
異常に高くなる日もあり、熱中症の患者が急激に
増えています。

特に、身体が未熟なお子さんは熱中症にも
なりやすいので、普段から水分をこまめに
とるように、お母さんであるあなたが教えて
あげないと、お子さんが熱中症になってしまう
可能性が、高くなってしまいます。

▲目次に戻る

 

熱中症を予防する水分補給のタイミングは?量は?

熱中症を予防する、水分補給のタイミングは
7つ❢

熱中症を予防する、水分補給のタイミング

こう見ると、ほぼ一日中水分を取っている
気がしますが、そうなんです。

夏場は、屋外はもちろんのことですが、
室内でもこまめな水分補給がとても
大事なのです。

出かける時は、お子さんに水筒やペットボトル
などを持ち歩かせるようにして、すぐに
水分を、取れるようにしておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

とくにお子さんは、遊びに夢中で水分を
取るのを、忘れてしまいがちですので、
しっかり水分を取るよう、声掛けしてあげて
ください。

また、一度に大量の水を飲んでしまうと、
かえって体内の電解質のバランスが崩れて
しまいますし、胃にもよくありません。

一度に飲む量は、150~200ccくらいが
よいとされています。

 

熱中症予防のため、普段飲む飲み物としては、
水・麦茶、スポーツの後や汗をかいた時に、
飲む飲み物としては、スポーツドリンクなど、
適量の塩分(ナトリウム)を含んだものが
いいんです。

大量の汗をかくと、体からナトリウムが、
失われてしまいますので、ナトリウムの
補給も大事なポイントです。

ただし、塩分をとり過ぎると高血圧などの
原因にも、なりますので気をつけましょう。

カフェインが含まれたものは、利尿作用が
あるのでかえって水分が体から出ていって
しまいます。

そして、お子さんが大好きなジュースなど
には、大量の糖分が含まれていますので、
水分補給としては適していません。

お父さんが大好きなビールなどのアルコール
も、水分補給にはなりません。

▲目次に戻る

 

熱中症にならないために、水分以外で気を付けたいこと

水分を取ること以外に、熱中症予防のためには、
どんなことを、気を付けるといいのでしょうか。

熱中症を予防する方法

✤睡眠を十分にとる

体力が落ちていると、熱中症にもなりやすく
なります。

熱中症に負けない体にするために、十分に
睡眠時間を、取るようにしましょう。

▲目次に戻る

 

✤室内を涼しく

部屋を冷やし過ぎるのも、体によくありません
が、節電のためにと、必要以上に暑さを
ガマンするのは危険です。

▲目次に戻る

 

✤服装にも工夫をする

通気性の良い綿や麻、汗を吸いやすく
乾きやすい素材を選ぶなど、体に熱が
こもらないように、着るものも工夫を
しましょう。

▲目次に戻る

 

✤湿度にも気を付ける

気温ばかり気にしがちですが、湿度が高いと、
体から熱が逃げにくいため、熱中症の
原因になります。

特に、室内では気を付けましょう。

▲目次に戻る

 

✤直射日光を避ける工夫を

おこさんには、外に出るときには必ず帽子
をかぶってから、出かけるようにして、夏の強い
日ざしから身を守るよう工夫をしましょう。

水に浸すと、冷却効果のある帽子なども
あるので、熱中症だけでなく暑さ対策にも
なります。


子どもの紫外線対策と熱中症対策の両方が出来る多機能帽子,UV遮蔽98%以上☆特許取得済・冷却構造付き子供用帽子coolbitクールビットUVフラップ帽子WR-HT901,uv

▲目次に戻る

 

✤冷却グッズなどを活用

最近では、冷却スプレーや冷却スカーフなど、
暑さ対策のグッズもたくさん売っています
ので、そういったものを上手く使ってみましょう。


【数量限定】ひんやりシャツシャワー 500mlボトル×3個セット


洗濯機で丸洗いOKの冷感スカーフ・保冷剤&気化熱冷却の併用が可能♪清潔に再利用できます!coolbit,クールビット,クールスカーフ,,熱中症対策

▲目次に戻る

 

ま と め

熱中症を予防するためには、のどが渇いて
から水分を補給してしまっては、遅すぎます(хх。)

のどが渇いている状態は、かなり身体が
脱水を起こしてしまっています。

お子さんの場合は、どうしても遊びに夢中に
なってしまい、よく、「喉が渇いた~」と
いって水分をとっていますが、そんな水分補給の
仕方をしていると、熱中症になる、危険性が
高くなってしまいます。

なるべく、こまめに水分を取るように
おこさんに、指導してあげてください。

この時に、お子さんが大好きなジュース
などで水分補給をしないで、水・麦茶
・スポーツドリンクなどで、水分を
取るようにしてください。

これらのことに注意して、正しい水分を
摂取して、暑い夏を乗り切って
くださいね❢

▲目次に戻る

 

    RETURN TOP

    ちょっとそこのあなた!日焼け止め対策してる?今年の夏はやばいわよ

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫