風邪薬とお酒の飲み合わせは?飲んだ後、何時間後に飲めばいい?副作用は?

風邪薬とお酒の飲み合わせは?飲んだ後、何時間後に飲めばいい?副作用は?

お酒が大好き❢というひとは、つい風邪を
引いている時でも飲んでしまいますよね^^;

風邪薬を飲んだあとにお酒を飲みたい時、
またはその逆で、お酒を飲んだあとに
風邪薬を飲みたい時、どのくらい時間を
あければいいのか、ちょっと心配に
なりますよね。

そんな、風邪薬とお酒の関係を
お伝えしたいと思います。

 

 

風邪薬はお酒の飲み合わせは?

風邪薬とお酒を一緒に飲むのは、
とっても危険!
お酒と一緒に風邪薬を、飲んでは絶対にいけません❢

まず、風邪薬といっても種類はいろいろです。

ドラッグストアで買える総合感冒薬
(そうごうかんぼうやく)から、お医者さんで
処方してもらう抗生物質、咳止め、熱さましなど、
さまざまです。

ただ、どんなお薬にも共通して言えることは、
お酒と一緒に飲んでは絶対にいけません!

なぜなら・・・
お酒を飲み過ぎると肝臓に悪い、という話は
よく聞きます。

お酒、つまりアルコールは肝臓で代謝
(たいしゃ)されるからです。

そして、ほとんどの薬も肝臓で代謝されます。
つまり、お酒と薬を一緒に飲むと、肝臓に
大きな負担がかかるわけです。

そして、肝臓でうまく代謝しきれずに、薬の
副作用が強く出てしまい、とても危険なのです。

つまり、体を元気にするための薬が、まったくの
逆効果になってしまう、ということに
なりかねません。

▲目次に戻る

 

風邪薬はお酒を飲んだ後、何時間後に飲めばいい?

そうはいっても、風邪の症状がツライんだよ・・・
じゃあ、どのくらい時間をあければいいの?
って思いますよね。

お酒に強い人・弱い人・薬が効きやすい人
・効きにくい人、があるように、その人の
体質によるので一概にはいえませんが・・・

お酒を飲んでから薬をのむ場合、薬を飲んで
いいのは、アルコールが完全に体から
抜けてからです。

 

ですから、飲んだお酒の量にもよります。

一般的には、成人女性が350mlのビールを
飲んだ場合、アルコールが分解されるのに
2~3時間かかるといわれています。

飲んだ量が増えれば、分解される時間は
もっと増えます。

もちろん、これには個人差がありますので、
注意が必要です。

 

スポンサードリンク

 

逆に、薬を飲んでからお酒を飲みたい時は
どうすればいいか?

これも薬の種類によります。
ざっくり言うと、「1日3回服用」となっている
薬は6時間。

「1日2回服用」となっている薬は、10時間は
最低でもあけてください。

これも、あくまでも目安であり個人差や、薬の
よる違いが大きいです。

 

また、抗生物質などで、一回の服用で何日も
体内に残っているような薬もありますので、
注意が必要です。

こういったことからもわかるように、本来は、
風邪薬を飲まなくてはいけないような体調の
時には、お酒を飲まないのが原則です。

風邪薬に限らず、ロキソニンなどに代表される
痛み止めも同じことです。

お酒を飲むなら薬は飲まない。

薬を飲むならお酒は飲まない。

これが基本です。

▲目次に戻る

 

風邪薬とお酒を飲んだ場合の副作用は?

では、どんな副作用が出るのか?ということ
ですが・・・

お酒と風邪薬の副作用

などが、主な副作用で人によっても、薬の成分に
よっても出方が違います。

これは、薬を普通に飲んだ場合でも出る副作用
ですが、お酒がぬけないうちに薬を飲むことで、
副作用がさらに強く出る可能性があります。

ひどくなると意識がもうろうとしたり、
呼吸困難を起こしたりする可能性もあり、
場合によっては、命にかかわることもあります。

ですから、風邪薬を飲んだらお酒はガマン!
もしくは、お酒を飲んだら薬は飲まない!
というのが原則です。

▲目次に戻る

 

一番の薬は栄養と睡眠

また、「風邪薬を飲めば風邪がなおる」と
思っている方も多いと思いますが、
これは違います。

風邪薬は、咳、熱、鼻水などの風邪の症状を
「おさえる」だけですので、薬を飲んで
一時的に症状がおさまっても、薬の効果が
切れてしまえば、また症状が出てきて
しまいます。

つまりこれは、風邪がなおったことにはなりません。

風邪がなおるというのは、自分の自然治癒力
(しぜんちゆりょく)、免疫力(めんえきりょく)
によって、自分の体が自分の力で元の状態になおす
ということです。

ですから、風邪をひいたときの一番の薬は、
【栄養と睡眠】です。

栄養のあるもの、食欲のないときは消化の
良いものを食べ、十分な睡眠をとる。

これが、体が早く回復するための一番の
近道です。

じゃあ、何のために風邪薬を飲むのか?
咳がひどくて眠れないときなど、咳を抑える
ことで、しっかり眠ることができ、風邪の
治りが早まります。

咳や鼻水がひどい状態では仕事にならなかったり、
生活に支障が出るときなどにも、症状を抑える
ことは必要でしょう。

風邪薬を飲んでツラい症状を一時的に抑える
ことで、体がラクになり治るのが早くなる、
ということです。

ですので、薬が飲めないときは、消化の良い
栄養のあるものを食べ、水分をしっかりとり、
たっぷり睡眠をとって、体を元気に
してください( ゚д゚ )クワッ!!

▲目次に戻る

 

ま と め

お酒を飲んだ後に、風邪薬を飲むのは厳禁❢

お酒自体を、代謝するために肝臓を酷使して
いる状態で、さらに風邪薬を飲めば風邪薬の
成分も、肝臓は代謝しなくてはいけなくなる
ので、風邪薬の副作用が強くでてしまい、
とっても危険なんです。

どうしても、お酒を飲んだ後に風邪薬を
飲む場合でも、あなたが飲んだお酒の量に
よって変わってきます。

とにかく、お酒を飲んでしまったら風邪薬は
飲むものではない❢と思っておくことです。

もともと、風邪薬は症状を和らげるために
飲むもので、風邪自体を治す力はありません。

風邪を治す、一番の早道は栄養をシッカリと
とって、睡眠を十分に取ることです。

▲目次に戻る

 

    RETURN TOP

    ちょっとそこのあなた!日焼け止め対策してる?今年の夏はやばいわよ

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫