初盆の提灯代の相場や金額は?表書きの書き方は?袋の種類は?

初盆の提灯代の相場や金額は?表書きの書き方は?袋の種類は?

お義父さんが亡くなったんだけど・・・

新盆などは、他のお盆よりも大切な行事の
ひとつ。

特に冠婚葬祭のマナーは、住んでいる地域や
各家庭により、独特のルールなどがあったりする
ために、気を使いますしマナー違反にならいか?
と心配になりますよね。

そんな、不安な気持ちで初盆を迎えるあなたに
新盆の提灯代の相場や、袋の書き方などに
ついて紹介します。

今回のように、お義父さんがなくなった、という
あなたのように、新盆を迎えるという人はぜひ
参考にして下さい。

 

 

初盆の提灯代の相場や金額は?

新盆の提灯代の相場は、

5,000円から1万円
が相場となっています。

今回のように、義理のお父さんが亡くなった
ので新盆には、子どもであるご主人が提灯を
送るのがマナーになります。

 

新盆に使用する盆提灯は、故人宅へ提灯を
送ったり、または持っていったりすることが、
当たり前の習慣でした。

しかし、現在では住宅スペースの関係などから、
提灯代として、現金を贈ることが一般的になって
います。

 

提灯代は、亡くなった方の子どもや、兄弟姉妹
といった親族が送ります。

贈る金額ですが、生前の故人とどれくらい
親しかったかによって、金額が変わってきます。

新盆などに使う、提灯は色々な種類があり、
親族の場合は1万円程度が相場ですが、提灯代は
各家庭や風習により、金額が異なります。

一度ご主人の兄弟や、伯父さん・伯母さんと
いった親族の方たちと相談をして、話し合って
初盆の提灯台の金額をどうするか?決めておくと
トラブルにならないのですみます。

 

初盆では白提灯を飾りますが、この白提灯は親族が
準備するのが一般的となっています。

親族の中でも、その家の跡継ぎや喪主といった人が
準備するなど、地域やその家庭によってルール
があります。

念のために、一度ご主人に確認するか、または
お義母さんに念のために確認するように
しましょう。

 

新盆は故人が亡くなり、49日を過ぎてから初めて
お盆を迎える時に行う,法要のひとつです。
ご先祖様を、敬うため新盆は丁寧に行うことが
大切なんです。

お盆に提灯を飾るのは、あの世にいるご先祖様が
この世に戻る時に、迷わず戻って来られるように
目印として飾る意味があります。

▲目次に戻る

 

初盆の提灯代の表書きの書き方は?

初盆の提灯代の表書きは【御提灯料】または
【新盆献灯料】と書きます。

【新盆献灯料】と書くほうが、御提灯料よりも
丁寧な書き方になります。

 

提灯代を表書きに書こうとする場合、「〇〇代」と
書きたくなるところですが、初盆の提灯代の
表書きとしては不適切ですので、「〇〇料」と
記載するようにしましょう。

 

袋の上段には新盆献灯料または、御提灯料と書いて、
下段には、ご主人の名前をフルネームで記入する
ようにします。

初盆の提灯代の表書きの書き方

初盆の提灯代の表書きを、書く時に使うペン
ですが、黒墨の筆ペンやサインペンを使って書きます。

 

スポンサードリンク

 

薄墨の筆ペンを、使わなくていいの(。´・ω・)ん?

と思いますが、薄墨の筆ペンを使うのはお通夜や
葬儀の時に使うのがマナーですが、初盆の場合は
薄墨のものでなくても、マナー違反にはなりません、

中包みには金額を記入して、住所・氏名を裏側に
書くようにします。

この、中包を書くときには筆ペンを使わなくても
かまいません。
ボールペンを使って書いても、失礼にはなりません。

初盆の提灯代の中袋の書き方

もし、お供えをする果物やお菓子などを持っていく
場合は、品物に【御供】または【御供物料】と
書くようにします。

 

新盆の提灯代は、ご主人の実家を訪問して渡すのが
正式なマナーです

しかし、諸事情によりご主人の実家へ行くことが難しい
場合は、郵送することもできます。

郵送の場合は、現金書留の封筒の中に金額を入れた
不祝儀袋を入れて、新盆前に到着するように
郵送するようにしましょう。

現金書留で送る場合、法要に行くことのできない
お詫びや、残念な気持ちをを書いた、手紙を添える
と気持ちが伝わり丁寧になります。

▲目次に戻る

 

初盆の提灯代の袋の種類は?

白黒や白銀、白色・銀色のみの
水引を選ぶようにし、結び切りになっている
不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)を使います。

白黒水引

一般的に、香典袋と呼ばれている袋を選べば
大丈夫です。

関西方面では、黄白の水引を使用するのが
一般的となっています。
関西で初盆がある場合は、黄白の水切りを
選ぶようにして下さい。

白黄水引

水引の本数ですが、2本・4本・6本など
偶数の水引を使用します。

 

初盆で提灯代を送る場合に、のし袋と呼ぶことも
ありますが、熨斗(のし)は付きません。

通常、熨斗(のし)は、お祝いごとに使用するため、
今回のように弔事の場合は、熨斗袋とは言わず、
掛け紙(かけがみ)と呼びます。

熨斗は【熨斗あわび】の意味があり、古来から
アワビは縁起物として、結婚や出産といった
慶事事の時に用いられるため、今回のように
弔事に用いることはありません。

▲目次に戻る

 

ま と め

初盆の提灯代の相場や、金額について
まとめました。

初盆は、故人が亡くなって始めて
迎えるお盆のため、いつものお盆よりも
家族にとって、大切な行事になります。

弔事に使用する袋は、熨斗袋(のしぶくろ)
とは言わず、不祝儀袋(ふしゅうぎぶくろ)と
呼ばれる袋を使用します。

提灯代は、親族で送るのが普通です。

この提灯代ですが、そのご家庭や
住んでいる地域の、独特な風習などに
よっても、決まり事があります。

分からない場合は、旦那さんの実家の
お義母さんや、旦那さんにお願いして
親戚の方たちなどに相談してから決めると、
後々トラブルに発展することがないので、
良いですよ。

▲目次に戻る

 

    RETURN TOP

    ちょっとそこのあなた!日焼け止め対策してる?今年の夏はやばいわよ

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫