お盆の迎え火や送り火はいつ?やり方は?時間や日にちは?

お盆には、迎え火や送り火をしよう❢と
思ったんけど・・・・
日にちや、やり方ってどうやったらいいの
(; ̄― ̄)…ン?と悩んでいませんか?

お盆の時期は地域によって異なります。

7月に行う、という地域もありますが、
多くは8月13日〜16日の4日間に
行われる地域が多いんです。

そんな、お盆の迎え火・送り火の詳しい
やり方について紹介します。

わからなくて、悩んでいるあなたの参考に
なれば幸いです。

 

 

お盆の迎え火や送り火はいつやるの?

お盆は、8月13日から16日までの4日間で
行われる地域が多いんです。

ところが、東京や関東地方の一部の地域など
では、7月15日から始まるというところもあり、
住んでいる地域によって、日にちが異なります。

 

お盆になると【迎え火】や【送り火】をする
ということを耳にしますが、いつやるのか
良く分からない(; ̄ー ̄)…ン?と思って
いませんか?

実は、迎え火の目的はお盆になるとご先祖様が
あの世から、この世に戻ってくると言われていて、
ご先祖様が戻ってくる時に、自分の家がどこに
あるのか、迷わないようにするために、火を
灯して目印にしてあげるんです。

反対に、送り火とはお盆の時期に、あの世から
戻ってきたご先祖様を、あの世に無事に
送り出すことを意味します。

たいてい、迎え火はお盆の初日送り火はお盆の
最終日に行います。

迎え火や送り火は、ご先祖様を迎え入れたり、
送り出す行事と覚えておくと良いですよ^^

▲目次に戻る

 

お盆の迎え火や送り火のやり方は?

迎え火をするのに必要なもの

✤おがら

✤焙烙(ほうろく)

✤おがら

迎え火には、「おがら」と呼ばれる植物の麻の
皮をはいだ後に残る、芯の部分を使います。

おがらは、古来から清浄な植物として
考えられていました。

 

スポンサードリンク

 

この、「おがら」は燃やすことで、清浄な
空間を作るという意味があり、悪いものを
清めたります。

そのため、お盆の迎え火や送り火などに
使われるんです。

おがらは、お花屋さん・ホームセンター・
スーパーマーケット・インターネットの
通販サイトなどで入手することができます。


【盆用品】迎え火/送り火用 麻木(おがら)単品1束※約1〜2回分

どうしても「おがら」を入手するのが難しい
場合は、ろうそくや藁(わら)などで代用する
こともできます。

▲目次に戻る

 

✤焙烙(ほうろく)

素焼きの、お皿のことをいいます。

焙烙(ほうろく)は、仏壇店や通販サイトで
購入することができます。


焙烙皿(ほうろく皿) お盆 迎え火 送り火用

 

迎え火のやり方

迎え火の方法ですが、おがらを置くための
平皿を準備します。

本来は、素焼きの焙烙(ほうろく)を
用意するのがBESTなのですが・・・
焙烙(ほうろく)がない場合は、耐熱性の
平らな皿におがらを積み重ねて置いてから、
火をつけて燃やします。

 

おがらを燃やす時には、両手を合わせて
合掌しましょう。

迎え火を焚く場所ですが、家の玄関または
門口で、火を燃やしたりします。

 

また、墓場で火を焚く場合などもあり、
住んでいる地域により異なります。

お墓で火を焚く場合は、お墓参りをした後で、
お迎え用の提灯に火を灯し、ご先祖様と一緒に
家に向かいます。
そして、自宅に到着したら提灯の火を消します。

 

この、おがらの煙や明りを頼りに、ご先祖様が生前
住んでいた家に、戻ってくる目印になると
言われています。

▲目次に戻る

 

送り火のやり方

送り火は家に戻ってきたご先祖様をあの世に
送るために行われます。

送り火は、迎え火を焚いた同じ場所で行います。
迎え火と、同じようにおがらを積み重ねて火を灯し、
先祖様を思いながら火が消えるまで待ちます。

地域によっては送り火を行わず、精霊流しを
行うこともありますので、住んでいる地域の習慣に
合わせて行うのがBESTです。

 

今までの方法は、一戸建てに住んでいる人
向けですよね^^;

マンションや、アパートといった集合住宅に
住んでいる場合の、やり方を紹介します。

マンションなどの集合住宅の場合

マンションや、アパートなど集合住宅に住んで
いる場合、玄関先で火を焚くことは、共用の
スペース部分のために、ご近所の方に迷惑を
かけてしまう可能性があり、難しいと思います(;´∀`)

実際に、ベランダでタバコを吸っていた人の煙や
臭いで、他の住人とトラブルに発展してしまった
(×o×;)という事例もあります。

 

そんな場合、火を焚かずに盆提灯を代用で使います。
盆提灯を使えば、おがらを焚くのと同じように
ご先祖様が、自分の家がどこにあるのか迷わなくて
すみます。

集合住宅などでは、火災に注意しなければ
いけないため、ろうそくを長時間、灯すことには
やっぱり抵抗がありますよね。

火が心配という方は、電池式の提灯などを
仏具店・ホームセンター・通販サイトなどで
購入することができます。


【盆提灯】御所提灯

▲目次に戻る

 

お盆の迎え火や送り火をやる時間や日にちは?

迎え火の日にち

8月13日の夕方に、行うのが普通です。

お盆の時期が、7月の場合は7月13日
行います。

13日の夕方になったら、玄関先や精霊棚の
盆提灯に火を灯し、家の玄関先などで
迎え火を焚きます。

▲目次に戻る

 

送り火の日にち

7月16日、もしくは8月16日の夕方に行いますが、
15日などに行う地域もあります。

時間は、何時❢と厳密に決まってはいません。

地域によっては、午前中に行うところもあります。
あなたの、家族の都合に合わせて行う
というので良いんです。

▲目次に戻る

 

ま と め

お盆の、迎え火や送り火をやる日ややり方
などについて紹介しました。

お盆は古くから伝わり、ご先祖様を祀る大切な
行事でもあります。

お盆の時期や迎え火・送り火のやり方も地域に
より、多少違ったりすることがあります。

もし、心配な時は地域に住む親しい友人や、
近くにいる親戚などに聞くのと良いですよ。

▲目次に戻る

 

    RETURN TOP

    ちょっとそこのあなた!日焼け止め対策してる?今年の夏はやばいわよ

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫