おはぎとぼたもちの違いって?夏と冬の呼び名は?由来は?

お彼岸になると、おはぎを食べるのですが
お盆には、ぼたもちを食べますよね?

どちらも、同じもののようなきがするんですが
・・・・違いってなんなのでしょうか?

春と秋の呼び名は、有名(; ̄ー ̄)…ン?と
いうこともあって、知っていますが夏と冬の
呼び名ってあるのでしょうか?

などなど、おはぎとぼたもちについての素朴な
疑問を解消してみません(o゜ー゜o)??

 

 

おはぎとぼたもちの違いって?

おはぎとぼたもちの違いは、基本的に
ありません❢
もち米にあんこを包んで、作った食べ物である
ことに特に違いはないんです。

 

春のお彼岸に食べるぼたもちは、小豆の粒を
春に咲く牡丹の花に、見立てて作ったもの。

そのため、《牡丹餅(ぼたもち)》と漢字で
書きます。

 

秋のお彼岸に食べるおはぎは、秋に咲く萩の
花に見立てて作ったもの。

そのため、《お萩(おはぎ)》と漢字で書きます。

このおはぎ・ぼたもちについて、江戸中期の
書物の『倭漢三才図会』に、載っているのですが
実際に誰が考えたのかはわからないんです。

 

この他の俗説では、あんこの材料である小豆は
秋に収穫されます。

秋に収穫された小豆は採れたてで、柔らかかった
ので、皮をそのままにした粒あんを使って
おはぎを作りました。

秋に収穫した小豆が、冬を越して春になると
小豆の皮が硬くなってしまったので、皮を取って
こして作った、こしあんでぼたもちを作った
という昔からの知恵だったんです。

 

その他にも、丸くて大きく作ったものが
ぼたもち。

小ぶりで長めに作ったものがおはぎ。

小豆のあんこをつけたものがぼたもち。
きな粉をまぶしたものがおはぎ。

などなど、様々な俗説があるんです。

 

ただ、一般的に広く伝わっているのが春に咲く
牡丹の花を見立てて作ったのがぼたもち。

秋の萩に見立てて作ったのがおはぎ。
という俗説が江戸中期の書物の『倭漢三才図会』
に載っていたこともあり、広く伝わっています。

▲目次に戻る

 

おはぎとぼたもちの夏と冬の呼び名は?

おはぎとぼたもちは、春と秋での呼び名と
いうことがわかりましたが、夏と冬になると
この呼び名が・・・・

夏・・・夜船 (よふね)

冬・・・北窓(きたまど)

と呼びます。

 

スポンサードリンク

 

この呼び名ですが

お餅をつく時に、杵(きね)と臼(うす)を
使って「ペッタン、ペッタン」と大きな音を
立ててお餅をつきますよね。

しかし、ぼたもちやおはぎはもち米を使って
作りますが、音を出さないで静かに作って
しまうことができます。

そのために、近所の人もいつついたのか
わからない(; ̄ー ̄)…ン?

 

『搗き知らず(つきしらず)』これを
夜の暗い時間に船が、何時着いたのかが
わからないこと『着き知らず(つきしらず)』
と言葉遊びをして夜舟と呼びます。

冬にも、夏と同じように音を出さないで作る
ところまで一緒。

『搗き知らず(つきしらず)』が『月知らず』
になって、月が見えないのは北の窓ということ
で、『北窓(きたまど)』と呼びます。

杵(きね)を使って餅つきをしないで作れる
ことから【つきしらず】が語源になった
言葉遊びなんです。

チョット強引な感じもしますが、自然や季節と
結びつけた、日本人独特のオシャレで粋な
言葉遊びですよね(*´艸`*)

▲目次に戻る

 

おはぎとぼたもちの由来は?

仏教では、【赤色】は特別な色で古来から
魔除けの力があると信じられていました。

おはぎやぼたもちに使われる小豆は、赤い色を
していますよね。

それに、小豆は古くから漢方でも扱われて
いましたので、災難が降りかからないように
するおまじないの効果もあったようです。

おはぎやぼたもちを作る時に、使う小豆は
赤いために【邪気を払う】という意味があり。

もち米は、みんなが飢えることなく食べ物が
食べられるように【五穀豊穣】の願いが
込められた食材なんです。

この小豆ともち米の【邪気を払う】と
【五穀豊穣】の2つの意味を込めて、 ご先祖
様への感謝の気持ちと、家族が健康でいられる
ように、との願いを込めてお仏壇や墓前へ
お供えするようになったと言われています。

 

おはぎやぼたもちに使われる、お砂糖は
室町時代になってから輸入されるように
なりました。

しかし、お砂糖は高級品・・・

実際に、現在のように小豆にお砂糖を混ぜて
あんこを作って、おはぎやぼたもちとして
食べれるようになったのは、江戸時代になって
からではないか?と言われています。

そのために、お彼岸やお盆などの時期にしか
食べることができなかった、特別な
お菓子だったんです。

▲目次に戻る

 

ま と め

おはぎとぼたもちは、あんこが粒あんと
こしあんに変わったりするくらいで基本的に
呼び名が違うだけ。

それも、俗説がいくつかあってどれが
本当なのかはわかりません。

ただ、昔はお砂糖自体がとても高価なものだった
ためにおはぎとぼたもちはお彼岸やお盆に
食べれれる、特別なお菓子であったと
いうことなんです。

魔除けや、五穀豊穣の願いが込められているので
お彼岸やお盆に、おはぎやぼたもちを感謝の
気持ちを持って美味しくいただきましょう♬

▲目次に戻る

    RETURN TOP

    ちょっとそこのあなた!日焼け止め対策してる?今年の夏はやばいわよ

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫