セーターの毛玉の取り方❢できにくくなる予防法は?

お気に入りのニットなどをみると、毛玉ができて
しまって・・・(;´д`)=3トホホ・・

せっかくのセーターも、毛玉がたくさんできて
しまっていると、テンション下がってしまいます
よね。

そこで、セーターの毛玉を簡単に取る方法を
紹介します。
とる時のポイントや、できにくくする予防方
なども、一緒に紹介するので参考にしてください♬

 

 

reten 2セーターの毛玉の取り方❢

いきなりセーターに、できてしまった毛玉を
とるのは、やめてください(。_+)

毛玉が気になって、仕方がないのはわかりますが
ここは少々我慢してください^^;

 

毛玉をいきなりとってしまうと、その分
セーターのボリュームが、減ってしまう
からなんです。

 

そのため、まず最初に衣類用のブラシを使って
毛玉ができてしまったニットをブラッシングします。

ブラッシングすることによって、絡んで
しまってできた毛玉が、ほぐれるからなんです。

 

この時に使うブラシですが、豚毛や馬毛を使った
ブラシを使います。

毛玉を取る場合は、硬めの豚毛を使った
ブラシのほうが、ほぐれやすくてオススメです。


英国KENTブラシ K静電気除去ブラシ【送料無料 沖縄/離島も無料】

 

セーターを、ブラッシングする時に
むやみやたらに、ブラッシングをやってしまうと
せっかくのニットが傷んでしまうので
注意してください❢

こちらの動画で、ニットのブラッシングする
方法が、紹介されていますので
参考にしてください^^

▲目次に戻る

 

セーターを、ブラッシングしてもほぐれなかった
毛玉をカットしていきましょう。

セーターの毛玉の取り方の方法は4つ❢

毛玉を取る方法

l1ハサミで切る

眉毛をカットする時に使う、小さなハサミを
使って、ニットにできてしまった毛玉を
カットします。

ハサミを使う方法は、毛玉の数が少なかったり
毛玉ができている範囲が狭い時に最適な方法です。

できてしまった毛玉を、軽くつまんでハサミで
根本をカットします。

▲目次に戻る

 

l1T字カミソリを使う

毛玉ができてしまっている範囲が、広い場合は
T字カミソリを使ってとります。

この時に使う、T字カミソリは切れ味の良い
新しいものを使うようにしてください。

切れ味が落ちた、T字カミソリを使うと上手く
毛玉が取れないために余計な力を入れてしまい
下手をすると、セーターを傷めてしまったり
穴を開けてしまいます(;´∀`)

 

T字カミソリで毛玉をとるのに、コツが入ります。
そのため、いきなりT字カミソリを使って毛玉を
取るよりも失敗してもいい、ニットなどを
使って練習してからやるのがいいですよ。

こちらの動画で、T字カミソリを使って毛玉を
とるコツを紹介しているので参考にして
みてください。

T字カミソリを使った方法ですが、使い方に
よってはセーターを切ってしまう可能性が
あるので、注意してください。

▲目次に戻る

 

l1毛玉取りブラシを使う

毛玉取りブラシは、毛玉が取れるだけでなく
絡まってしまった毛糸の繊維を整えてくれる
という役割をしてくれます。


【浅草アートブラシ社 正規品】けだまとり ブラシ★かんたん毛玉取りブラシ 専用クリーナー付

 

この毛玉取りブラシも、使い方に少々コツが
入りますが、コツを掴んでしまえば短時間で
ササッと毛玉を簡単に摂ることができるので
外出前に、毛玉ができているのがわかった時
などでも使えるので便利です。

 

毛玉取りブラシを購入しても上手く毛玉を
取ることができなかったガクッ_| ̄|○lllという人が
多いのですが、使い方のコツがあるんです。

▲目次に戻る

 

l1毛玉取り機を使う

広範囲の毛玉も、あっという間に取ることが
できて、セーターに穴を開けてしまうという
リスクもありません。

ただし、毛玉取り機をニットに押し付ける
ようにして使うと、ニットに穴が空いて
しまいます。

セーターに、毛玉取り機を当てて引っ張って
セしまうと、ーターを切ってしまうことが
あるので、毛玉取り機を使うときには
力加減に注意しましょう。

 

この毛玉取り機、100均でも購入することが
できるのですが、すぐに壊れてしまったり
電池の消耗が激しいというデメリットが
あります。

少々値段が高くなりますが、何年も使えますし
コード式のものを使えば途中でパワーが弱く
なってしまうということもありません。


毛玉クリーナー 国内・海外兼用 KD778-H【 送料無料 】

 

セーターを傷めないで毛玉を取ることが
できるのは、《毛玉取りブラシ》を使うか
《毛玉取り機》を使う方法です。
これは、ニットを扱うプロの方が言っていました。

▲目次に戻る

 

スポンサードリンク

 

台所用のスポンジを使って、毛玉をとる方法が
ありますが、絶対にしないください❢

というのも、毛糸の繊維を引っ張ってとる
事になり、ニットを毛羽立ててしまうことに
なるんです。

それに、毛玉が繰り返しできやすくする原因に
もなってしまうんです。

 

プロの方も、台所用スポンジを使って毛玉を
取るのは絶対にNG❢と言ってました。

その他にも、手でブチッとむしり取ったり
ガムテープを、ニットにはって勢い良く
引っ張って、毛玉を取るといった方法も
ニットを傷めてしまい、摩擦によって毛羽立って
しまうのでやらないでください。

 

✔手でむしり取る

✔台所用スポンジを使う

✔ガムテープを使う

といった方法は、セーターの生地をつまみとって
いる事になり、段々セーターが薄くなって
しまいます><

▲目次に戻る

 

reten 2セーターの毛玉ができにくくなる予防法とは?

セーターの毛玉ができにくくなる予防法は

毛玉ができにくくなる予防法

a4セーターをきた後に、ブラッシングをする

毛玉ができてしまう、原因は摩擦によって
毛糸の繊維が絡み合ってしまうからなんです。

そこで、セーターをきた後にブラッシングを
することによって、摩擦で絡み合ってしまった
繊維をほぐしてあげます。

ブラッシングをすることによって、繊維が
ほぐれるだけでなく、毛並みがそろって
ホコリも取れるので一石三鳥になるんです。

▲目次に戻る

 

a4自宅で洗濯する時に洗濯ネットに入れて手洗いする

自宅で、セーターを洗濯する時に裏返しに
してから目の細かい洗濯ネットに入れます。

洗濯ネットに、セーターを入れることによって
摩擦をおこすのを防いで毛玉をできにくく
します。

ニットを洗濯する時も、基本は手洗いをします。

洗濯機にいれて洗濯するのは、手軽で簡単
なのですが、どうしても洗濯機が回っている
と洗濯ネットに入れていても摩擦がおこって
しまうので、毛玉ができやすいんです。

手洗いをすると、ニットの寿命も大幅に長く
なるので、お気に入りのニットなどは手洗い
することをオススメします。

▲目次に戻る

 

a4セーターに摩擦を与えないように行動する

毛玉ができてしまう原因は、摩擦❢

そこで、セーターを着ている時にこの摩擦を
なるべく、おこさないように行動するように
します。

摩擦が、おこりやすい行動としてセーターの
上からリュックサックを背負ったりしない。

ショルダーバッグを、いつも同じ肩にかけない。

といった、行動をなるべく避けるようにします。

 

しかし、毛玉ができやすい場所として腕と
胴体が擦れてしまう場所などは、気をつけて
いてもどうしても摩擦がおきてしまうので毛玉が
できてしまいます。

しかし、毛玉はすぐにできてしまうのでは
なく、徐々に繊維が絡んでしまい、最後に
毛玉になってしまうので、セーターを着た後に
ブラッシングをして、繊維をほぐしてあげる
というのが大切なポイントです。

▲目次に戻る

 

a4連続して着ない

どうしても、お気に入りのニットだと連続して
着たくなってしまいます。

しかし、連続して着てしまうとそれだけ摩擦が
発生しやすくなり、毛玉ができやすくなります。

よく着るセーターだと、汚れもつきやすくなり
そうすると、洗濯をする頻度も多くなります。

いくら、洗濯ネットに入れたりクリーニングに
出したりしても、やはり擦れてしまいますので
摩擦が起きやすくなります。

摩擦が発生すれば、それだけ毛玉ができやすく
なるということになります。

そのため、1日着たセーターはブラッシングを
して1~3日ほど休ませてあげて、他のニットを
着て着回すということをすると、毛玉ができる
頻度が低くなります。

▲目次に戻る

 

a4静電気防止スプレーをする

セーターに毛玉ができてしまうのは、擦れて摩擦
がおこることによって、毛の繊維が絡み合うことです。

そこで、この摩擦を起きにくくする方法として
静電気防止スプレーをスプレーします。

ただし、静電気防止スプレーを使うとセーターの
風合いが若干変化してしまう可能性があります。

そのため、セーターの裏の部分や目立たない
場所に静電気防止スプレーをして、テストして
から問題がなければ、セーター全体に静電気
防止スプレーをスプレーします。


エレガード 大サイズ 160ml

▲目次に戻る

 

a4セーターを着る時に、インナーを着る

ノースリーブのニットや、カシミヤ・コットン
などのセーターなどを着る時に、インナーを
着ないで、そのまま着てしまいますよね^^;

直にセーターを着てしまうと、汗や皮脂が
セーターについてしまいます。
汗や皮脂がつけば、洗濯やクリーニングに
出しますよね?

洗濯やクリーニングをすると、摩擦がおきて
しまいますので、毛玉ができやすくなります。

 

インナーを着ることによって、ニットに皮脂や
汗がつくのを、防ぐことができます。

皮脂や汗がつかないければ、洗濯したり
クリーニングに出したりする回数を減らす
ことができます。

毛玉ができやすくしないためにも、インナーを
着て洗濯する回数を、減らして毛玉ができる
のを予防します。

▲目次に戻る

 

a4毛玉ができにくい素材のものを選ぶ

毛玉を、絶対にできなくする❢という方法は
残念ながら、ありません。

しかし、セーターを購入する際に毛玉が
できにくい素材のものを選べば、毛玉が
発生してしまうリスクが軽減します

一番、毛玉ができやすい素材のものは合成繊維
で作られたものです、

ポリエステルやアクリル、といったもので
できているニットは、安く購入できて虫食いを
することがほとんどありません。

ところが、繊維とすると合成繊維はとても強い
繊維のため、ニットの表面に毛玉がガッチリと
できてしまい、強い繊維のために取れにくい
という厄介なことになってしまうんです。

ポリエステルとウールでできたものや、綿と
アクリルでできている物は、特に毛玉が
できやすいので、セーターを選ぶ時に避けると
毛玉に悩まされることが少なくなります。

合成繊維の、ポリエステルやアクリル以外にも
天然素材のカシミヤやアンゴラ、ウールでできた
ものも毛玉ができやすい素材です。

ただ、天然素材でできたものは合成繊維で
できているものよりも毛玉が自然に取れやすい
という事があります。

毛玉になりにくい、素材のものは綿・シルク
麻。

綿・シルク・麻といった繊維は、目が細かく
熱に強いものです。

最近では、毛玉ができにくいニットやセーター
なども販売されているので、そういったものを
購入するといいですよ^^

▲目次に戻る

 

ま と め

セーターに、できてしまった毛玉は気になって
しまって、つい手でむしり取ってしまいたく
なりますが、絶対にしないでください(゚д゚)!

せっかくのセーターの生地が、薄くなってしまい
傷めてしまいます。

毛玉をいきなり、取るのではなく最初に
セーターにブラッシングをして、絡んでしまった
繊維をほぐしてあげて、どうしてもほぐれない
毛玉を取るのが、セーターを傷めないで毛玉を
取る最善の方法です。

毛玉を取る方法も、ハサミでカットしたりする
方法がありますが、専門家の人に言わせると
《毛玉取りブラシ》や《毛玉取り機》を使う
のが、セーターにとっては一番良い方法なんです。

あなたのお気に入りのセーターにできてしまった
毛玉が、ここで紹介した方法で取れれば幸いです。

▲目次に戻る

RETURN TOP

ちょっとそこのあなた!日焼け止め対策してる?今年の夏はやばいわよ

このサイトについて

baku

管理人の夢喰いと申します^^

 

この度は、私のつたないサイトへ

来てくださり感謝します(*^^*)

 

日常生活の中で、わからないことや

どうしたらいいのか?

 

といったことを解決する豆知識や便利な

生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

お届けします♫