野菜の保存法 冷蔵と冷凍の仕方❢選び方❢┃一人暮らしの人必見です。

一人暮らしを始めた、姪っ子の部屋に遊びに
行ったら、自炊を始めたといってたんです。

ところが、野菜の保存法や買い方が
わからないって(;´д`)=3トホホ・・

私も昔は、一人暮らしをしていたので
野菜の保存法と買い方のポイントなどを

教えておきました。

 

せっかく買った野菜も、冷蔵庫の中でドロドロに
溶けてしまってた((((_ _|||))))ドヨーン
なんて失敗が多い一人暮らしですが、保存法を
知っておくとそんな失敗も少なくなりますよ^^

 

 

reten 3野菜の保存法 野菜の保存法 冷蔵と冷凍の仕方❢

普段よく使う、野菜の保存法を紹介します❢

野菜の保存法

 

g1キャベツ

冷蔵庫での保存方法
1・キャベツの芯の部分を、包丁で切り取ります。

2・水で湿らせたキッチンペーパーを、キャベツの
芯の部分に詰め込みます。

3・ビニール袋に、キャベツを入れて口を縛って
冷蔵庫へ保存します。

キッチンペーパーは、1週間位したら新しい
ものと交換してください。
2週間ほどは、キャベツがパリパリで美味しく
食べられます。

>>2週間後でもパリッパリ♪キャベツの保存法を詳しく見てみる<<

 

冷凍庫での保存方法

1・キャベツを5cmくらいの角切りにします。

2・フリーザバックに、カットしたキャベツをいれて
平にします。
フリーザバックの中の空気を抜いて、しめます。

3・フリーザバックを、冷凍庫へ入れます。

 

お味噌汁などに、入れるときは凍ったままいれて
OKです。

凍ったキャベツに、熱湯をかけてギュッと絞ると
キャベツの塩もみみたいな、シャキシャキした
歯ごたえで食べられます♬

>>キャベツの冷凍保存&シャキシャキ解凍♫を詳しく見てみる<<

▲目次に戻る

 

g1人参

冷蔵庫での保存方法

1・人参を洗います。

2・人参の頭とお尻の部分をカットします。

3・ジップロックなど、密封できる袋にいれて
冷蔵庫に立てて保存する。

人参の本数が、少ないときなどはラップで
ぴっちりと包んで。ビニール袋に入れれば
OKです^^

>>簡単 切るだけ長持ち 人参の保存方法を詳しく見てみる<<

 

冷凍庫での保存方法

1・人参を洗います。

2・人参の皮をむいて、使いやすい大きさに

カットする。

3・フリーザバックに、いれて薄く平らにする。

4・フリーザバックの中の空気を抜いて、
冷凍庫へ入れる

>>【野菜の冷凍保存】にんじんを詳しく見てみる<<

使いやすい大きさにカットしてから、冷凍するので
料理をする時に、カットする手間が省けます♬

▲目次に戻る

 

g1ピーマン

冷蔵庫での保存方法

1・キッチンペーパーで、ピーマンを包みます。

2・キッチンペーパーで包んだピーマンを

サランラップで、くるみます。

3・サランラップでくるんだピーマンを

ジップロックなどの保存袋にいれます。

4・冷蔵庫または野菜室に入れます。

>>びっくり!!!簡単!!!ピーマン保存方法を詳しく見てみる<<

 

冷凍庫での保存方法

1・ピーマンを、縦に半分にカットして種と
へたを取り除きます。

2.ピーマンをさっと、水洗いして
キッチンペーパーで、よく水気を拭き取ります。

ピーマンは、水気にとても弱いのでシッカリと
水気を拭き取るのが大切なポイントです。

3・フリーザバックに、カットしたピーマンを
重ならないように入れます。

4・フリーザバックの中の空気を抜いて
しめます。

5・フリーザバックを冷凍庫へ入れます。

>>生のままで☆ピーマンの冷凍保存方法を詳しく見てみる<<

▲目次に戻る

 

g1玉ねぎ

冷蔵庫での保存方法

1・玉葱の皮を向いて、ビニール袋に入れます。

2・ビニール袋に入れた、玉ねぎを冷蔵庫へ。

>>玉ねぎの長期保存法を詳しく見てみる<<

 

冷凍庫での保存方法

冷凍庫で玉ねぎを保存すると、5分ほど
油で炒めると飴色の玉ねぎができるんです♬

1・玉ねぎの皮を向いて、みじん切りにする

2・ジップロックかサランラップで、空気を
抜きながら玉ねぎのみじん切りを密封する。

3・密封した、ジップロックかサランラップを
冷凍庫へ入れる。

>>たまねぎを冷凍保存すると。。。を詳しく見てみる<<

▲目次に戻る

 

g1じゃがいも

冷蔵庫での保存方法

1・ビニール袋の中に、新聞紙を敷きます。

2・新聞紙を敷いたビニール袋の中に、じゃがいも
を入れます。

3・ビニール袋の口を縛って、冷蔵庫か野菜室へ。

 

5ヶ月間は、最初の頃と同じ状態で保存できます。
実家から、大量に送られてきた(×o×;)
という時でも、この方法なら長期保存することが
出来ます。

>>とっても長持ち☆じゃがいもの保存方法を詳しく見てみる<<

じゃがいもの量が、それほど多くない場合は
じゃがいもを一つづつ、ラップでぴっちりと包んで
冷蔵庫で保存すればOKです^^

 

冷凍庫での保存方法

1・じゃがいもの皮を、水洗いします。

2・じゃがいもを、お皿に乗せてラップで包みます。
ラップをかける時に、じゃがいもを包むように
します。(お皿が熱くならないようにするため)

3・レンジで、じゃがいもが柔らかくなるまでチンします。

レンジで、軽くチンしてからお鍋でじゃがいもを
グツグツにてもいいですよ^^

 

私は、お鍋で煮るのがめんどくさいので、レンジで
柔らかくなるまでチンしてしまいます(;´∀`)

4・じゃがいもが熱いうちに、一つづつ
キッチンペーパーで包んで潰します。
こうすると、じゃがいもの皮が簡単にむけます。

5・使いやすい量に小分けにして、ラップに包みます。
6・ジップロックなどに入れて、じゃがいもを平らに
します。

7・粗熱が取れたら、冷凍庫へ入れます。

 

この方法で、冷凍保存しておくとポテトサラダや
コロッケが簡単に作れるんです。

>>じゃがいもの冷凍保存〜瞬間皮剥きで〜を詳しく見てみる<<

▲目次に戻る

 

g1トマト

冷蔵庫での保存方法

1・トマトを、水洗いします。

2・キッチンペーパーなどを使い、トマトの水分を
シッカリときれいに拭き取ります。

3・トマトのふさの部分を上にして、キッチンペーパー
で包みます。

4・保存用の袋に、キッチンペーパーで包んだ
トマトをふさの部分を下にして、冷蔵庫または
野菜室に入れます。

>>トマト保存の仕方を詳しく見てみる<<

 

冷凍庫での保存方法

1・トマトを水洗いします。

2・トマトのヘタを、切り落とします。

3・トマトを一つづつ、ラップでくるみます。

4・ラップでくるんだトマトを、そのまま冷凍庫へ
入れます。

5・トマトが凍ってから、ジップロックなどに
入れる。

トマトを冷凍した場合は、煮込み料理などに
使います。
トマトが溶けると、皮が簡単にむくことが出来ますよ^^

>>トマト料理用のトマト冷凍保存を詳しく見てみる<<

▲目次に戻る

 

g1もやし

冷蔵庫での保存方法

1・もやしを袋から出して、タッパウェアに
移します。

2・タッパウェアに、もやしがかぶるくらいの
水を入れます。

3・冷凍庫へタッパウェアを入れます。

 

タッパウェアの中の、水を毎日変えてあげると
1週間以上は持ちます。

>>もやし★長持ち保存方法を詳しく見てみる<<

 

冷凍庫での保存方法

1・もやしを、よく水洗いします。

2・もやしを、ザルにいれてよく水気を切ります。

3・一回で使い切れる用に小分けにして
ラップでくるみます。

4・小分けにしたもやしを、保存袋にいれて
冷凍庫へ入れます。

>>もやしの保存(冷凍)を詳しく見てみる<<

▲目次に戻る

 

g1長ネギ・小ねぎ

冷蔵庫での保存方法

白ネギの場合

1・長ネギを、ジップロックなどの保存袋に入る
長さにカットする。

2・カットした、長ネギをキッチンペーパーで包む。

3・キッチンペーパーで包んだ長ネギを、ジップロック
に入れて、空気を抜いて締める。

4・冷蔵庫に立てて入れる。

>>白ネギの保存を詳しく見てみる<<

 

小ねぎの場合
1・小ねぎを洗って、小口切りにします。

2・タッパウェアなどの保存容器に、キッチンペーパー
を敷きます。

3・キッチンペーパーを敷いた保存容器に、カットした
小ねぎをいれて冷蔵庫に入れます。

>>万能ネギの保存方法を詳しく見てみる<<

 

冷凍庫での保存方法

白ネギ・小ねぎどちらも同じ
1・白ネギ・小ねぎををよく使う大きさにカットします。

2・1回で使い切る分だけ小分けにして、ラップで
包みます。

3・フリーザバックに小分けにした状態のネギを
いれて、空気を抜いてしめます。

3・空気を抜いた、フリーザバックを冷凍庫へ
入れます。

>>♡長ネギ・小ねぎ♡小分けで無駄なく保存♪を詳しく見てみる<<

▲目次に戻る

 

g1大根

冷蔵庫での保存方法

1・大根は皮付きのままで、キッチンペーパー
で包む。
この時、キッチンペーパーを1~2周巻くように
包みます。

2・キッチンペーパーで包んだ大根を、
ビニール袋に入れて口を縛ります。

3・大根を立てて、冷蔵庫または野菜室に
入れます。

大根を使った時に、キッチンペーパーが湿って
いたら新しいキッチンペーパーに取り替えて
ください。

半分にカットした大根を買ってきた時、葉が
ついている部分は、切り落としてから
キッチンペーパーで包んでください。

>>長持ち!大根の保存法 【冷蔵保存】を詳しく見てみる<<

 

冷凍庫での保存方法

1・大根を、2.5cmくらいの厚さの輪切りにします。

2・輪切りにした、大根の皮を厚めに剥きます。
厚めにむいた、大根の皮はきんぴらにして食べます。

3・ジップロックなどの、保存用の袋に入れて
空気を抜いて閉めます。

4・そのまま、冷凍庫へ入れます。

 

煮物に使う場合は、2.5cmくらいの厚さに
切っておくのが便利ですが、お味噌汁などに
入れるときには、短冊状にカットして
小分けにして、冷凍しておくとそのまま使えて
便利です。

 

実は大根は、大根おろしにした状態でも
冷凍保存することができるんです♬

1・大根をおろして、軽く水気を切ります。
2・製氷皿やシリコンモールドに、水気を切った
大根おろしを入れます。

3・上からラップをかぶせて、冷凍庫へ入れます。

4・大根おろしが、凍ったら製氷皿やシリコン
モールドから出して、フリーザバックにいれます。

>>シリコンモールドで作る 冷凍大根おろし♪を詳しく見てみる<<

 

製氷皿やシリコンモールドに入れないで、1回分
づつラップでくるむ方法もあるのですが・・・

製氷皿やシリコンモールドを、使ったほうが

手間がかからなくて簡単なんです。

シリコンモールドは、半球型のものが一つあると
冷凍保存するのに、便利です。


シリコンフレックス 半球/ハーフボール SF-001 シリコン型 ケーキ型

▲目次に戻る

 

g1ほうれん草

冷蔵庫での保存方法

1・ほうれん草を、よく水洗いします。

2・よく水気を切ります。
ザルなどに移して、根元を上にして5分ほど
おきます。

3・広げた新聞紙に、ほうれん草を置いて
すき間があかないように、キッチリと包みます。

4・ビニール袋に、いれて立てて冷蔵庫へ保存。

この方法は、葉物野菜全般でできる方法です。

>>超長持ち!★葉物野菜の延命法を詳しく見てみる<<

 

冷凍庫での保存方法

1・ほうれん草を、よく水洗いします。

2・よく水気を切ります。

3・ほうれん草を、使いやすい大きさに
カットします。

4・1回で使い切る分だけ、小分けにします。
この時に、薄くラップで包むようにしてください。

5・冷凍用の袋(ジップロック)などに入れます。
中の空気をなるべく抜いてから、閉じます

6・冷凍庫へジップロックのまま入れます。

>>ほうれん草は生のままで冷凍保存 3通りを詳しく見てみる<<

▲目次に戻る

 

g1小松菜

小松菜の冷蔵庫への保存方法と冷凍庫への
保存方法は、ほうれん草と同じです。

▲目次に戻る

 

g1白菜

冷蔵庫での保存方法

1・白菜の芯の部分を、切り取る。

切り取るのが、難しかったら何本か横に包丁で
切り込みを入れてもOKです。

2・白菜を、新聞紙でシッカリとくるみます。

3・冷蔵庫または、ベランダなど涼しいところに
おきます。

 

この方法でも、長い間保存しておくと白菜が
しなびてきます^^;
でも、そのしなびた白菜って甘みが増している
のでとっても、美味しいんです(๑´ڡ`๑)

しなびてしまった・・・と思ってすぐに処分
しないで、煮込み料理などで使ってください❢

>>白菜の長持ち保存法を詳しく見てみる<<

 

冷凍庫での保存方法

1・白菜をよく洗って、ザルに上げて水気を
よく切ります。

2・白菜を、芯の部分と葉の部分に分けます。

3・白菜の芯の部分の長さを、2・3等分に
します。縦に、5mm幅に切り棒状にします。

4・白菜の葉の部分を、ざく切りにします。

5・白菜の芯の部分と葉の部分を、それぞれ別の
ジップロックに入れて、中の空気を抜いて
閉めます。

白菜の葉の部分は、くっつきやすいので
小分けにラップでくるんでから、ジップロックに
入れると使いやすくなります。

6・空気を抜いた、ジップロックを冷凍庫へ
入れます。

>>【野菜の冷凍保存】白菜を詳しく見てみる<<

▲目次に戻る

 

g1ブロッコリー

ブロッコリーは、鮮度が落ちやすい野菜です。

一人暮らしの場合は、冷蔵庫での保存は

鮮度が落ちてしまい適していません。

冷凍庫での保存方法

1・ブロッコリーをよく洗う。

2・一口サイズにカットする。

3・お鍋に水を入れて、火にかけて沸騰させる。

4・沸騰したお湯に塩をいれて、ブロッコリーを
投入。

5・ブロッコリーを入れて、時々混ぜながら
2分ほど茹でる。

6・茹でたブロッコリーを、ザルに上げて
水気をシッカリと切るのと、冷ます。

7・ブロッコリーが冷めたら、ジップロック
などの保存袋にいれて閉める。

※ブロッコリーの場合は、ジップロックの中の
空気は抜かない!

8・ブロッコリーを入れた、ジップロックを
冷凍庫へ入れます。

>>ブロッコリーの保存方法☆冷凍を詳しく見てみる<<

 

ボイルする時ですが、お鍋にお湯を沸かして・・・
という方法だと、ブロッコリーに含まれている
ビタミンCが、水に溶けて、少なくなってしまう
のであまりいい方法ではありません。

それに、いちいちお鍋にお湯を沸かすのって
めんどくさいですよね^^;

そこで、調理器具の一つルクエを使ってレンジで
チンする方法です。

ブロッコリーを洗って、カットしたら
ルクエにブロッコリーをいれて、軽く塩を
振ります。

レンジ(500w)で3分チン♬

ルクエは、野菜をボイルするだけでなく魚やお肉
を調理するときにも使えて、とても便利なんです。

私も、一人暮らしをしているときにはよく使って
いました^^

今でも、野菜をボイルするときにはルクエを
使ってレンジでチン♬しています。


LEKUE Silicon Steam Case ルクエ シリコンスチームケース モデルがダイエット痩身に使用!TVや雑誌お料理ブログ、クックパッドで紹介。

▲目次に戻る

 

g1ニラ

冷蔵庫での保存方法

1・ニラを、使いやすい大きさにカットします。

2・タッパウェア(フタ付きのもの)に
水を入れます。

3・水を入れた、タッパウェアにカットした
ニラを入れます。

タッパウェアに入れた、水はできれば毎日
取り替えてください。
そうすると、大体5日~1週間ほど持ちます。

>>ニラの保存方法♪を詳しく見てみる<<

 

冷凍庫での保存方法

1・ニラを使いやすい大きさにカットする。

2・水洗いをする。

3・ザルに開けて水気をよく切る。

4・フリーザバックにいれて、薄くなるようにする。

5・フリーザバックの中の空気を抜いて
冷凍庫へ入れる。

 

ニラを、小さめのサイズにカットしておくと
味噌汁に入れたり、スープに入れる時に

便利ですよ~

>>【野菜の冷凍保存】にらを詳しく見てみる<<

▲目次に戻る

 

g1チンゲン菜

冷蔵庫での保存方法
ほうれん草や小松菜と同じ方法。

▲目次に戻る

 

冷凍庫での保存方法

1・チンゲン菜の根本を切り落として

よく水洗いします。

2・ザルにチンゲン菜を入れて、よく水気を切ります。

3・冷凍保蔵用の袋(フリーザバック)に入れて
冷凍庫へ入れる。

>>ちんげん菜の保存方法☆冷凍するを詳しく見てみる<<

▲目次に戻る

 

g1きのこ類

きのこ類は、冷蔵庫で保存していると

使い切る前にカビを生やしてしまうことが

多いので、冷凍保存がBEST❢

1・きのこの石づきを、切り落とします。

この時に、きのこは洗いません。

2・きのこを食べやすい大きさに、ほぐします。

3・ほぐしたきのこを、フリーザバックに

いれて、中の空気をシッカリと抜きます。

4・空気を抜いた、フリーザバックを冷凍庫へ

入れます。

>>きのこ類(冷凍保存)を詳しく見てみる<<

▲目次に戻る

 

スポンサードリンク

 

a2冷凍保存をする時のポイント❢

1・食材を早く凍らせること
2・冷凍しても、1ヶ月位で使い切ること

1・食材を早く凍らせること

冷凍保存をする時に、できるだけ早く凍らせると
食材の味も落ちません。

そこで、フリーザバックに冷凍する野菜を入れた
後にアルミ製のトレーにいれて冷凍庫へ入れるんです。

そうすると、早く冷凍することができるので食材の
味も落ちることがあまりなく、電気代の節約にも
なるんです。


アルミトレイ 小 (29cm)カフェトレー/お盆/お膳/バット/ケーキ盆/トレー/長角盆

▲目次に戻る

 

2・冷凍しても、1ヶ月位で使い切ること

冷凍しているから♬と言って、いつまでも冷凍庫に
入れていたら食材に霜がついてしまいます。

実はこの霜、温度変化でついてしまうんです。
冷凍庫を開け閉めすることで、温度が上昇してその後
また、温度が下がるということが繰り返されることで
ついてしまうんです。

そうなると、食材の味も悪くなってしまいます。

 

もう一つは、【冷凍焼け】いくら冷凍していても
食材に含まれている水分が飛んでいってしまいます。

水分が飛んでいってしまったところに、空気が入り
食品が酸化してしまい、色が変色してしまったり
硬くなってしまいます。

冷凍保存をする時に、フリーザバックの中の空気を
抜くというのは、この【冷凍焼け】を防ぐ意味で
行っているんです。

しかし、あまりにも長く食材を冷凍しておけば
【冷凍焼け】はおこってしまいます。

これらのことから、冷凍保存をした食材も1ヶ月位で
食べきってしまうようにします。

▲目次に戻る

 

冷凍する時に、日付をフリーザバックに書いて
おけば、いつまでに食べたほうがいいんだなという
ことがわかります。

でも、冷凍保存をした日付はフリーザバックに、
そのまま書いてしまうと、次に使った時に書けな
くなってしまうので、100均で売っている
『きれいにはがせるタックシール』に日付を書いて
次に別なものを入れたときには、剥がして新しい
ものを貼って日付を書くといいですよ(≧∇≦)b

 

冷凍保存をする時に使う、保存用の袋ですが
100均などで売られているものは、ジップの部分が
ぴっちりと閉まらなかったりすぐにだめになって
しまうので、買うのはオススメしません。

やはり、ちょっと高いな~と思ってもメーカーさん
のものを購入するのがBESTです。

それに、フリーザバックは使ったら食器を洗う時に
一緒に洗って干しておけば、何回も使いまわす
ことができるので経済的♬


旭化成 ジップロック フリーザーバッグ M (16枚) ウェルネス

 

私も、フリーザバックは使った後食器を洗う時に
一緒に洗って、100均で購入したピンチハンガーに
吊るして干してます。

▲目次に戻る

 

g 7使いかけの野菜の保存法

1・使いかけの野菜の水分を、キッチンペーパー
などでよく拭き取る。

2・アルミホイルに、使いかけの野菜を空気と光が
入らないようにぴっちりと包む。

3・ぴっちりとアルミホイルで包んだ野菜を、冷蔵庫
で保存する。

>>タマネギ(野菜)使いかけOKの保存を詳しく見てみる<<

 

reten 3野菜の選び方❢

一人暮らしをしている時に、野菜を買うときは
少ないものを購入するのがポイント❢

 

ジャガイモや人参・きゅうりといったものは
最近ではスーパーなどでも、1つだけ買うことが
できるようになりました。

でも、1つだけだと割高・・・と思いますが
たくさん買っても、使い切れないで処分しなくては
いけなくなることを考えたら、割高はありますが
お金と食べ物を、無駄にしない事になります。

 

野菜は、やはり鮮度の良いものを選んで
買うのが一番です。

そこで、鮮度の良いものを選ぶポイント
を紹介します。

 

point8_4sキャベツ

鮮度がよくおいしいキャベツのの選び方❢
✔一番外側の葉が、緑色のもの
✔カットしてある部分を見て、葉がぎっしりと
つまっているもの。
✔キャベツの葉が、みずみずしくてつやがあるもの
✔キャベツの芯の長さが、真ん中よりもチョット
長いくらいのもの。

キャベツは、春キャベツだと巻きがゆるくて柔らかい
のでサラダで食べると甘くて、おいしいんです。

キャベツは、一番良く使う野菜でもあるので
鮮度が落ちたものを買ってしまうと、苦味がでて
美味しくないので、注意❢

 

キャベツを買う時のポイント❢
自炊を始めたばかりのときは、割高とは思いますが
カットしてあるキャベツを買ってくるほうが、傷めないで
使い切ることができます。

お料理のレパートリーが増えてきたら、1/2にカット
してあるキャベツを買ってきて、用途にあった大きさに
カットして、冷凍しておくと料理をする時にすぐに
使えて便利です。

▲目次に戻る

 

point8_4s人参

鮮度がよくおいしい人参の選び方❢
✔太くて、全体が丸みがあるもの
✔人参の表面にツヤがあり、ツルツルしていて
凸凹していないもの
✔ヒゲが付いていないもの。
✔オレンジ色が濃いもの
✔芯の細いもの
✔切り口が黒ずんでいないもの
✔人参の入っている袋に、水滴が溜まって
いないもの。

✔芯の細いもの
芯の細いものって?と思いますよね^^;
人参の上にある茎の部分が、細いものを選ぶんです。
この芯が細いものは、柔らかくて美味しい
人参なんです。

 

人参を買う時のポイント❢
スーパーなどで人参を購入する時に、袋詰されて
いるものが多いですが、水滴が溜まっていたり
するものは、野菜の水分が逃げてしまって
鮮度が落ちてしまっているので、選ばないように
しましょう。

▲目次に戻る

 

point8_4sピーマン

鮮度がよくおいしいピーマンの選び方❢
✔ヘタの部分が、みずみずしく緑色が濃いもの
✔皮にシワが寄っていないもの
✔表面がツヤツヤしているもの。
✔持った時に、重い物。

パプリカを選ぶ時も、同じです。

▲目次に戻る

 

point8_4s玉ねぎ

鮮度がよくおいしい玉ねぎの選び方❢
✔持った時に重たいもの
✔玉ねぎの茶色い皮が、よく乾燥していて
ツヤツヤしているもの。
✔玉ねぎの首と根の部分が、ギュッと
小さく締まっているもの。
✔玉ねぎの軸の部分を、軽く押した時に
凹まないか

▲目次に戻る

 

point8_4sじゃがいも

鮮度がよくおいしいじゃがいもの選び方❢
✔中玉くらいの大きさのものを選ぶ
✔持った時に、ずっしりと重いものを選ぶ
✔皮が薄く、表面がなめらかなものを選ぶ
✔丸みがあり、ふっくらとしているもの。

時々ですが、緑色のじゃがいもがありますが・・・
太陽光線にあたって、光合成をしてしまった
じゃがいもなので食べられません(。_+)

 

じゃがいもを買う時のポイント❢

ジャガイモは、1個づつ購入することができる
スーパーも増えてきています。

一人暮らしの場合は、袋に入っているものは
量が多すぎるので、できるだけ1・2個づつ
購入するのがBESTです。

▲目次に戻る

 

point8_4sトマト

鮮度がよくおいしいトマトの選び方
✔真っ赤になっていて、丸いものを選ぶ
✔持った時に、ずっしりと重いものを選ぶ
✔ヘタの部分の緑が濃く、ピンとしているもの
✔真っ赤になっていて、丸いものを選ぶ
✔持った時に、ずっしりと重いものを選ぶ
✔ヘタの部分の緑が濃く、ピンとしているもの
✔トマトの皮にハリがあるもの。
✔トマトのお尻に放射状の筋がたくさんあるもの。

✔トマトのお尻に、放射状の筋がたくさん
あるもの。
放射状の筋が多いものほど、水分が減って糖度が
高くなっているために、美味しいトマトなんです。

 

トマトを買う時のポイント❢
最近は、中玉のトマトが多く販売されています。
中玉くらいの大きさのものは、一人暮らしの人
に、最適なものなのでオススメです^^

▲目次に戻る

 

point8_4sもやし

鮮度がよくおいしいもやしの見分け方❢
✔色が白いもの
✔もやしのひげが短くて、透明感があるもの
✔茎が太くて、ツヤやハリがあるもの
✔もやしが硬めのもの。

 

もやしを買う時のポイント❢
もやしは、どうしても1袋で買わなくては
いけないため、鮮度が良いものを選んで買う
のがポイントです。

▲目次に戻る

 

point8_4s長ネギ・小ねぎ(万能ねぎ)

長ネギの買い方のポイント❢
✔緑の部分と白い部分の境目が、ハッキリしているもの
✔白い部分のまきが固く、シッカリとしているもの
✔ツヤのあるもの
✔葉先がピンとしていて、切り口がみずみずしいもの

 

小ねぎ(万能ねぎ)の買い方の
✔緑の色が濃く、鮮やかなもの
✔全体的にハリがあり、ピンとしているもの
✔根元の白い部分が、ハッキリしているもの。
✔根元の白い部分が、少ないもの。

▲目次に戻る

 

point8_4s大根

鮮度がよくおいしい大根の見分け方
✔カットしてある部分が、みずみずしくてキメが
細かいもの。
✔持った時に、ずっしりと重いもの
✔大根の皮が、薄くハリがあるもの
✔大根の白い部分が丸みを帯びているもの

 

大根を買う時のポイント❢
一人暮らしでしたら、1/2にカットしてあるものを
購入すると使い切れます。

▲目次に戻る

 

point8_4sほうれん草

鮮度がよくおいしいほうれん草の選び方❢
✔歯肉が厚く、緑色の濃い物
✔根元の赤みが強く、大きいもの
✔根元に近いところから、葉が生えているもの

茎が太すぎるものは、育ちすぎているので
葉の部分も固くて、アクも強いので選ばない
ようにしましょう。

根元の赤みが強いものほど、甘みが強い
ほうれん草なんです。

▲目次に戻る

 

point8_4s小松菜

鮮度がよくおいしい小松菜の選び方❢
✔歯肉が厚くて大きいもの、緑色の濃い物
✔茎が太くてシッカリとしているもの
✔根が長く伸びているもの

▲目次に戻る

 

point8_4s白菜

鮮度がよくおいしい白菜の選び方❢
✔1/4や1/2にカットしてあるものは、芯の高さが
全体の3/1以下で大きすぎないもの。
✔白菜の葉の間に、すき間がなくミッチリと
詰まっている物。
✔白菜の芯の部分が白く、つやがある物。
✔白菜の真ん中が盛り上がっていないもの。

白菜を買ってきて、よく見たら黒いポツポツ
がついてたΣ(゚Д゚)ということがあります。
食べられるのかな?と心配になりますが・・・・

で紹介しているので、読んでみてください。

 

白菜を買う時のポイント❢
最近では、小さいサイズの白菜も売っています。
一人暮らしの人でも、使い切れるので
便利ですよ~

小玉サイズの白菜がないときは、1/4や1/2に
カットしてある白菜を、購入します。

▲目次に戻る

 

point8_4sブロッコリー

鮮度がよくおいしいブロッコリーの選び方❢
✔緑色の鮮やかな物
✔蕾が締まっているいて詰まっているもの
✔茎の部分の切り口がみずみずしいもの。
✔茎の部分が、空洞になっていないもの。

 

ブロッコリーを買う時のポイント❢
ブロッコリーは、国産のものを買うことを
オススメします❢

安価な外国産のブロッコリーは、苦味が強く
美味しくないんです^^;

しかし、国産のブロッコリーは甘みもあり
ボイルして、そのまま食べても苦味も少なく
美味しいんです(๑´ڡ`๑)

▲目次に戻る

 

point8_4sニラ

鮮度がよくおいしいニラの選び方❢
✔緑色の濃いものを選ぶ。
✔葉が肉厚で幅が広い物。
✔葉先がピンと伸びているもの
✔切り口がみずみずしいもの。

 

ニラを買う時のポイント❢

ニラは、持ってみたときにぐにゃりとしている
ものは、鮮度が落ちてしまっているので
選ばないようにします。

ニラは、すぐに悪くなってしまうので

▲目次に戻る

買ってきたら、すぐに処理するようにしましょう。

 

point8_4sチンゲン菜

鮮度がよくおいしいチンゲン菜の選び方❢
✔葉の部分の緑が濃いもの
✔茎の部分が短くて、幅が広いもの。
✔切り口がみずみずしく、変色していないもの

長さが15cmくらいの、こぶりなものを選んだほうが
柔らかくて美味しいです。

▲目次に戻る

 

ま と め

一人暮らしをすると、どうしても使い切れないで
野菜をドロドロに溶かしてしまいます(;´∀`)
野菜をどう保存するか?が、ポイントになります。

冷蔵庫で保存するのは、数日中に使い切る量を
保存して、できるだけ冷凍して保存するのが
食材を傷めずに使い切るポイント❢

せっかく、お金を出して購入するのですから
鮮度の良いものを選んで、休みの日に
処理をしてしまえば後が楽ちんです^^

最初のうちは、処理をするのが大変(*´Д`)=3ハァ
と思いますが、慣れてしまえばそれほど
大変ではなくなります。

▲目次に戻る

    RETURN TOP

    ちょっとそこのあなた!日焼け止め対策してる?今年の夏はやばいわよ

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫