みかんの保存方法 長持ちさせる4つのポイント❢と期間

お正月用に、みかんを箱で買うとオトク
なんですよね~

でも、保存方法のポイントやコツを知って
いないと、あっという間にカビが生えて
しまったり傷んでしまいます(。_+)

そんなみかんの長期保存するコツやポイントを
紹介します(*^^*)
参考にしてみてください。

 

 

12みかんの保存方法 長持ちさせる4つのポイント❢

ミカンを長持ちさせる保存法

Listmark_itimatu5みかんが傷んでいないかチェックする

みかんの箱を、ひっくり返してからあけて
みかんが傷んでいないか?カビが生えている
ものはないか?をチェックします。

みかんの箱をひっくり返すのは、底にある
みかんは、上にのっているみかんの重みで実が
潰れてしまっていたり、カビが生えているもの
が多いからなんです。

この方法、八百屋をやっていた方が実際に
お客さんが、箱ごと購入する前に傷んだものが
ないか?をチェックする時にやっていた
方法です。♬

これは、必ずやってください❢

 

みかんは、高温多湿に弱い果物なので~

 

みかんにカビが生えてしまうのって、湿度は
もちろんのことなんですが、みかん同士の
【圧力】も原因の一つなんです。

箱のままでみかんを保存してしまうとみかん
同士が、箱の中で圧力を掛け合ってしまい
実が潰れてしまったり、傷がついてしまい
やすい状態なんです。

 

ギューギューに詰め込まれた、みかんは湿度も
高い状態なので、傷がついてしまったみかん
からカビがすぐに生えてきてしまうんです(。_+)

キズがついているみかんは、早めに食べて
しまい、カビが生えているものは処分して
ください。

▲目次に戻る

 

Listmark_itimatu5通気性の良いカゴへ移す

先程も紹介しましたが、みかんは高温や湿気が
大の苦手(×o×;)

ダンボールの中に、そのまま入れていると
風通しが悪いので、通気性の良い買い物かごの
ようなものへ移し替えます。


収納 バスケット くまのプーさん

▲目次に戻る

 

Listmark_itimatu5みかんを逆さまにする

カゴのそこに、新聞紙をひいてから先程選別
したみかんを、ヘタの部分を下にして
並べていきます。

みかんの保存法の重要ポイント

このヘタの部分を下にするのは、みかんの
ヘタの部分が一番硬いからなんです。

ヘタの部分が下にすることによって、上に
のっているみかんの重みで、潰れて傷んで
しまう、というリスクが少なくなるから
なんです。

 

スポンサードリンク

 

うちには、買い物かごみたいな通気性の良い
ものがない・・・・という場合でも大丈夫^^

ダンボールに、一手間かけてみかんを
保存すればOK(*´∀`)

新聞紙を多めに用意してください。

買い物かごのときと同じように、一番そこに
新聞紙を引きます。

みかんのヘタの部分を下にして、並べていきます。
一段みかんを並べ終えたら、新聞紙をかぶせる
ように引きます。

その上に、またみかんをヘタの部分を下にして
並べていきます。

 

みかん➡新聞紙➡みかん➡新聞と重ねていきます。

 

みかんを詰め終わったら、最後に新聞紙を
かぶせて、ダンボールのフタは閉めないで
そのままにしておきます。

ダンボールのフタを、そのままにしておくと
足を引っ掛けてしまったりするので、大きい
輪ゴムなどで止めてしまいましょう。

新聞紙を使う理由ですが、みかんを
乾燥させないためと、通気性を良くする
ためです。

▲目次に戻る

 

Listmark_itimatu5暗くて涼しいところへ保存する

みかんを、暖房がきいていない涼しくて
風通しの良い日陰へ保存します。

できれば、3℃~5℃くらいの場所へ保存する
のが最適です。

▲目次に戻る

 

冷蔵庫の中で、保存したほうが長持ち
するんじゃないの(・・?

冷蔵庫の中での保存はNGなんです^^;

冷蔵庫の中に入れると、みかんが乾燥して
しまったり、甘みが飛んで酸っぱくなって
しまうんです。

みかんは、基本的に常温で保存します。

▲目次に戻る

 

12みかんの保存期間はいつまで?

みかんを常温で保存できる期間は
2週間~3週間です。

ただし、2~3日ごとにみかんが悪いものが
ないか?をチェックするのを忘れないように
します。

▲目次に戻る

 

ま と め

みかんは、箱ごと買ったりした場合にはすぐに
箱をひっくり返して、中身をチェックするのが
一番大切なポイントです❢

運送中などで、中のみかんが痛んでいたり
カビが、発生していたりするので早めにダメな
みかんは取り出さないと、被害が広がって
しまいます。

次に大切なポイントは、みかんをひっくり
返して、ヘタの部分を下にして保存して
あげること。

ヘタの部分を下にすることで、みかんの重みで
実が潰れてしまうのを防ぐことができます。

みかんは、高温と湿気が大の苦手(×o×;)
中身を通気性の良い状態にして、涼しい場所へ
保存してあげれば、長持ちします。

▲目次に戻る

RETURN TOP

ちょっとそこのあなた!日焼け止め対策してる?今年の夏はやばいわよ

このサイトについて

baku

管理人の夢喰いと申します^^

 

この度は、私のつたないサイトへ

来てくださり感謝します(*^^*)

 

日常生活の中で、わからないことや

どうしたらいいのか?

 

といったことを解決する豆知識や便利な

生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

お届けします♫