カーテンボックスをDIY❢賃貸でもできて100均で材料も揃えて作りました♫

カーテンボックスを設置すると、冷暖房
効果もUPするので、暑さ対策にもうって
つけというのを知って、この夏も絶対に
猛暑になると思ったので、実際に100均
で材料を揃えて自作してみました。

取り外しも、簡単にできるので賃貸
マンションに住んでいるわたしでも
安心して設置することができました^^

賃貸に住んでいる、あなたにもできます❢
(ぶきっちょで、工作が苦手なわたしでも
できたのでw)作ってみようと思っている
あなたの参考になれば幸いです。

 

 

reten 3カーテンボックスをDIY❢賃貸でもできて100均で材料も揃えて作りました♫

 

用意するもの
❖PPシート
❖リメイクシート
❖定規
❖カッティングマット
❖布テープ
❖メジャー
❖カッター(大きい物)
❖キリ
❖筆記用具
❖カード
❖結束バンド
❖ダンボール

❖PPシート

用意するものの中で、PPシートは
ダイソーで販売されています。

▲目次に戻る

❖リメイクシート

リメイクシートは、セリアやキャンドゥで
売っている物のほうがオシャレ♪ですね~

キャンドゥでは、『インテリアシート』
という名前で販売されています。

ダイソーでも、取り扱いがあるみたいなの
です、がわたしの近所のダイソーでは
見かけませんでした。

▲目次に戻る

❖定規

わたしは、うちにあるプラスチック製の
ものを使って作ったのですが、カッターで
切るときに一緒に定規も切ってしまった
ので、金属製の方がいいと思います^^;

これも、100均の文房具コーナーに置いて
あるので、材料を買いに行く時に一緒に
買っておくことをオススメします。

▲目次に戻る

❖カッティングマット

カッターを使って、カットするので下に
引いておくと安心です。

100均でも、取り扱いをしていますが
小さいものがほとんど^^;
長細いタイプの物があれば、それを購入
するとカットするときに使いやすいです。

小さいカッティングマットですが、
それでもうまく使えば、使えるので
賃貸で床などに傷をつけると、引越しを
するときに差っ引かれてしまうので・・・
購入しておいたほうがいいですよ。

もしくは、ダンボールをスーパーなどで
もらってきて、それを下に引いてもいいと
思います。

▲目次に戻る

❖布テープ

紙のガムテープだと、PPシートをくっつ
けるときに、強度が弱いのとキレやすい
ので布テープのほうが、強度もあるので
こちらを使います。

▲目次に戻る

❖メジャー

❖カッター(大きい物)

❖キリ

これは、お家にある人はいいですがない
人は、全部100均で揃えられます。

カッターは、小さいタイプのものだとに
切るの大変なので、大きい物の方が簡単に
PPシートなどをカットすることができます。

▲目次に戻る

❖カード

これは、PPシートにリメイクシート
インテリアシートを貼り付けるときに
空気が入らないようにするのに使います。

ポイントカードや使わなくなったカードを
使えばOKです。

▲目次に戻る

 

では、早速作っていきましょ~٩( ๑•̀o•́๑ )و

設置したい、窓のカーテンレールの長さを
メジャーで測ります。

わたしが設置したい、窓のカーテンレール
は、測ってみたら2mもあったので長い・・・

ここまで、長いカーテンレールって
あんまりないと思うので、あなたのお家で、
設置したい窓のカーテンレールはもっと
短いと思います。

ダイソーに、PPシートを買いに行ったの
ですが・・・・どこに、置いてあるのか
わからなくてお店の中をグルグル~で、
最終的に店員さんに聞いたら、わかりにくい
ところに置いてありました(・・;

工具などを置いてあるスペースの、一画に
PPシートが置いてありました。

 

カーテンレールの長さが、2mもあるので
なるべく長さがあるものをと思っていたら
200×660mmのものを発見❢

 

スポンサードリンク

 

ところが、半透明のものは人気があるため
に、入荷してもすぐに売れてしまうという
ことだったので、諦めて黄色のをチョイスw

どうせ、リメイクシートを貼ってしまう
ので色がついていても、わからなくなって
しまうので~

わたしが選んだのは、1.2mmの厚さで
長さが660mm×200mmのものにしました。

厚さが、1.2mと厚めだったのですが設置
する場所が、長いので厚めの方がヘタったり
しないと思ったので、このサイズのPPシート
を選びました。

長さが、660mmが一番長かったので。

 

ダイソーで取り扱いのあるPPシートの
では、厚さが0.75mm・1mm・1.2mmと
ありサイズも5種類ほどあります。

カーテンレールの上の部分をメジャーで
計ってみると9.5cmと、あったので買って
きたPPシートの幅が200mmだったので
ちょうど、10cmのところに筆記用具で線を
引きカッターを使って、6回ほど切れ目を
入れました。

PPシートが厚めなため、6回ほどカッターで
切れ目を入れてもPPシートは切れては
いませんでした。

カットしてしまうと、布テープを使って
貼り付けなくては、いけなくなるので
その手間を、省くために完全に切り取ると
いうことはしませんでした。

 

折り曲げたいと思う面と逆側に、カッター
で切れ目を入れて折り曲げました。

この時、かなり力を入れないと折り曲がら
ないのですが、割れてしまうということは
ありませんでした。

 

3枚のPPシートに、切れ目を6回入れ全て
折り曲げ、残りの1枚は70cmで
切り落として、後は同じように真ん中に
切れ目を折り曲げて、とりあえずPPシートで
カッターを使った作業は終了。

 

折り曲げた、PPシートを布テープを使って
くっつけました。


プラスチックをくっつける、接着剤を
つかうのは、うまくいかないだろうし
布テープなら、失敗してもやり直しがきく
ので私的には布テープで正解でした^^

 

横の部分は、10cm×10cmサイズに
PPシートをカットしたものを布テープで
くっつけました。

布テープがこのままだと、目立ってしまう
ため、リメイクシートをカットして
貼り付けます。

 

わたしが、買ってきたセリアのリメイク
シートの裏側には、切りやすいように線や
サイズなどが書いてあるので、カットは
しやすかったですね。

写真を撮るのを忘れてしまいました
Σ(▼□▼メ)

 

PPシートに、リメイクシートを貼る時の
コツ❢として、引っ張りながら少しづつ
貼ると、空気が入りにくいのでキレイに
貼れます。

この時に、ポイントカードなどプラス
チック製のカードを使って、貼り付けると
気泡が入らないでキレイに貼れます。

 

これで、カーテンボックスは完成❢
ここまでにかかった時間は、2時間位です。

やっぱり、長さが2mもあったので
リメイクシート貼るのに時間がかかって
しまいました。

設置する窓の、カーテンレールの上を雑巾
で拭いて、段差がなくなるように
ダンボールをカットして段差がなくなる
ようにおきました。

私の場合は、廊下の照明が強くて夜寝る
ときに明るすぎるので、カーテンレールの
上から、光が入って来ないように
ダンボールを敷き詰めました。

カーテンレールを壁につけている部分に
結束バンドを使って、カーテンボックスを
設置しようと思っていたので、その部分に
きりで穴を開けました。

 

針金よりも、結束バンドのほうが簡単に
締めることができるので、シッカリと
設置できるかな?と思ったので。

写真では、結束バンドの端っこの部分は
カットしていませんが、後でカットしました。

 

設置する時間は、10分位で終わりました。

 

結束バンドで、固定してあるだけなので
引越しをするときには、ハサミで
結束バンドを、ちょん切ればいいだけ
なので簡単です。

▲目次に戻る

 

ま と め

冷暖房効果が、実際にどのくらいUPしたか
は、まだ冷房などを使っていないので
不明ですが、廊下の照明が眩しくて夜寝る
ときに困っていたのですが、その悩みは
解消でしました(*^^*)

それに、カーテンボックスをつけたら
部屋も、おしゃれになったのでそれだけ
でも作って設置したかいがありました。

ぶきっちょな私でも、これだけオシャレな
カーテンボックスを、2時間位で作ることが
できて、設置には10分もかからなかった
ので、冷暖房効果がこれでUPしてくれる
のなら御の字です。

材料費は、100均で6点買って648円後は
自宅にあったので、1,000円もかからない
で作成することができました。

今年の夏は、電気代がどれだけ節約する
ことができるのかが楽しみです☆彡

▲目次に戻る

RETURN TOP

ちょっとそこのあなた!日焼け止め対策してる?今年の夏はやばいわよ

このサイトについて

baku

管理人の夢喰いと申します^^

 

この度は、私のつたないサイトへ

来てくださり感謝します(*^^*)

 

日常生活の中で、わからないことや

どうしたらいいのか?

 

といったことを解決する豆知識や便利な

生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

お届けします♫